女性の抜け毛:分娩後脱毛症

産後の抜け毛と分娩後脱毛症

「出産後に急に髪の毛がどっと抜ける」そんな抜け毛の悩みなら、分娩後脱毛症の可能性があります。いわゆる産後の脱毛と言われるものです。

 

女性の身体は、妊娠中は女性ホルモンの働きが活発になっています。その影響を受けて、ヘアサイクル(毛周期)が正常に進まず、本当なら抜けるはずの髪の毛が抜けないで成長を続けてしまいます。

 

ところが、産後はホルモンバランスが正常に戻るので、妊娠中に本来抜けるはずだった髪の毛がまとめて抜け落ちていきます。これが、分娩後脱毛症です。

 

脱毛は、通常、産後の2ヶ月くらいから6ヶ月くらいと言われていて、長くても1年くらいでおさまるといわれています。

 

分娩後脱毛症の特徴

  • 産後に起こる抜け毛の増加
  • 本来、妊娠中に抜けるはずだった髪の毛が産後に抜ける
  • 産後という期間限定した脱毛症
  • 通常は自然に回復する

 

分娩後脱毛症の原因

  • 妊娠期間中の女性ホルモンの影響によるもの

抜け毛対策ヘアケア通販