髪年齢と女性の抜け毛について

「抜け毛は老化のサインなの?」

 

最近の髪年齢という言葉に代表される通り、私達の髪も頭皮も年齢とともに年をとっていきます。

 

抜け毛が増えるのも髪と頭皮の老化現象のひとつです。
髪の毛にはヘアサイクル(毛周期)があって、一定のリズムで生え変わっているのですが、一般的な女性の場合、ヘアサイクル(毛周期)は30歳から35歳をピークとして乱れて短くなっていきます。
ヘアサイクルが短くなると髪が十分成長することができません。その結果、抜け毛が増えたり、髪のコシが弱くなったり、ハリがなくなったり、さらには髪の量が少なくなってボリュームなくなったり・・・。

 

年を重ねるとともに「頭のてっぺんが気になる」という女性の悩みは、髪と頭皮の老化現象が原因のひとつなんですね。

 


 

髪の老化は防げるの?

 

加齢による髪の老化は、残念ながら止めることはできませんが、遅らせることはできます!

 

その基本となるのが、年齢に合った正しい頭髪と頭皮のケアです。年齢を重ねるにつれて、ヘアサイクルも変わって頭皮の状態も変化しています。
抜け毛が気になるのは、今まで使っていたシャンプーが合わなくなっているのかも?
髪の毛に使うものも化粧品と同じように、ヘアケア商品も年齢に合ったものを選びましょう。髪年齢を考えたヘアケアで、髪の老化をできるだけ遅らせて美しい輝く髪を守りたいですね。


抜け毛対策ヘアケア通販