白髪染めの影響とは?

女性の髪の悩みは、おしゃれと引き換えに自分で作ってしまっていることが多いのです。
実は、白髪染めに限った話ではなく、女性の髪のおしゃれの定番となっているカラーリングやパーマは、髪や頭皮にはいい影響を与えるものではありません。白髪を染めているときに、頭皮についた薬剤でピリピリした刺激を感じたことはありませんか?

 

害を与えるというと語弊があるかもしれませんが、女性の抜け毛や薄毛の悩みが若年化してきている原因のひとつとして、カラーリング(おしゃれ染め・白髪染め)やパーマの薬剤が与える頭皮への影響が取り上げられています。

 

また、カラーリング(おしゃれ染め・白髪染め)やパーマは、髪のキューティクルを壊してしまうため、切れ毛が多くなったり、髪にツヤがなくなってパサパサになってしまうことも少なくありません。

 

若い頃の正常なへアサイクル(毛周期)を保っている状態なら、多少のダメージはリカバリーできますが、ヘアサイクルが乱れはじめた30代の女性にとってはちょっと深刻な状態になることもあります。髪のおしゃれと一緒に、年齢に合ったヘアケアの習慣を取り入れていくのがおすすめです。


抜け毛対策ヘアケア通販